my 23rd year

 

この世に生まれて24年目がはじまった。

わたしの23年目は、ほとんどまるまるカンボジアで過ごした。
(今後わたしは何年目にどこの国にいるのだろうか…)

朝起きるとメッセージがいろいろと入っていて、
会社までの十数分、とても幸せな気持ちでそのメッセージを読んだ。

わたしは、“人が人のことを考える”その行為自体も、
それからその瞬間に浮かぶ表情も好きなのだが、
その考えられた人に自分がなるってなんて幸せなことだろうと思う。

 

22年目までと比べると、お腹を抱えて、
頬の筋肉が痛くなるような笑いは正直減った。

だけれど、この23年目をちょこっと(3分くらい)振り返ってみたら、
目尻が下がるというのか、こころがほぐれるというのか、
そういう笑い(笑み?にやけ?)が毎日あって、
その笑いは22年目までと比べられないくらい増えた。

(少し違うけれど、カフェで携帯見ながら一人で笑いこけて
にやついても変な目で見られないカンボジアがすき。)

24年目もそんな日々をこの場所で過ごし、
ブレずに自分を積み上げていこうと思う。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です